中国語に特化している翻訳会社はかなり専門的なことまでやってくれる

文字を書いている人

翻訳とは、言葉だけの訳ではありません

翻訳家を目指し、日々黙々と机に向かっている人たちも多いと思います。もちろん語彙を増やし正しい言語を習得しなければなりません。しかし、その時にうっかり忘れてしまいそうになるのが、翻訳の意義です。翻訳はただ言葉を相手に伝えるだけの物ではありません。筆者が何を思い、どんな事を相手に伝えたくて書いたかをくみ取らない限り、翻訳を始めることはできません。それが温かい童話であるなら、その話を説明文に変えてしまってはいけないのです。
それで、今翻訳家を目指して頑張っている人にぜひしていただきたいのが、まず母語で読書の量を増やし、情景を脳裏に思い描き、風を感じ、その場所にあたかも自分がいるかのように感じる訓練をすることです。そのように、筆者が何を伝えたいのかが分かるようになると、単語と文法に縛られる翻訳から脱することができます。そしてできる事なら、その言葉の話される現地に行き、そこの人々とじかに触れあってください。理想を言えば、少なくとも5年はそこに住み、現地の人と同じような生活をし同じものを食べることです。このようにして初めて生きた言葉を使えるようになります。
人間が長い時間をかけて作り上げてきた言語は本当に奥深く、また美しいものです。その鼓動が感じられるような翻訳を目指していきたいものです。

Press release

TOP